ART LAB OVA Information Board

アートラボ・オーバ【イベント情報】
掲示板トップ > 記事閲覧 > メンテフォーム
  メンテフォーム

対象記事 件名: 映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」関連トーク ( No.[54]0 )
日時: 2010/09/28 15:11
名前: ART LAB OVA 

まだまだ、引越しの荷物に囲まれているオーバですが、以下のように、事実上のオープニング企画だけは決まってしまいました。
このように、今後は、シネマ・ジャック&ベティと連携しながら企画をしてゆく予定です。
ただ今、橋のむこうでは、黄金町バザールも開催中です。
今週末は、シネマ・ジャック&ベティと、横浜パラダイス会館にお越しくださいませ。

+++++++++++++
+映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」関連トーク

ゲスト:住友文彦さん×聞き手:蔭山ヅル(ART LAB OVA)

〈美術館の公共性は大切な作品を持つというオフィシャルな面だけでとらえられがちですが、様々な交渉の現場でもあるというオープンさについて考えるほう
がもっと重要だと思います。そうやって、どんどん美術館は変わり続けていくものなのでは?〉

日時:2010年10月3日(日)15:50ころ〜(開場15:35)
<当日の映画上映時間:13:30〜15:35/17:35〜19:40>
*映画を見る前、見た後、どちらでもご参加いただけます。
会場:ART LAB OVA横浜パラダイス会館
<横浜市中区若葉町3-51シネマ・ジャック&ベティ1F>
交通:京浜急行「黄金町」駅徒歩5分/市営地下鉄「阪東橋」駅A3、B3出口徒歩6分
http://www.jackandbetty.net/accessmap.html
*裏道にあるので、地図を見ながらいらしてください。
*黄金町駅ではシネマ・ジャック&ベティの地図を配布しています。
料金:800円(ワンドリンク付/定員20名)
*「ようこそ、国立アムステルダム美術館へ」映画の半券をお持ちの方300円引き


住友文彦さん略歴:キュレーター。金沢21世紀美術館建設事務局、NTTインターコミュニケーションセンター、東京都現代美術館などに勤務。日本の現代
美術を紹介する展覧会として「美麗新世界」(中国/2007)などの企画にも関わる。2008年には「川俣正[通路]」展(東京都現代美術館)、昨年は
ヨコハマ国際映像祭のディレクター、今年はメディアシティソウル2010の共同キュレーターをつとめ、美術館の内側と外側で仕事をしてきている。「複雑
で便利な時代と見えなくなるアート」(『21世紀における芸術の役割』未来社、2006年)、「キュレーターになる」(フィルムアート社、2009年)
などの共著がある。

★ドキュメンタリー映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」
横浜シネマ・ジャック&ベティにて絶賛上映中!
http://www.jackandbetty.net/
【監督】ウケ・ホーヘンダイク(2008年/オランダ/120分/ユーロスペース/DLP上映)
<9/25(土)〜10/ 1(金)> 15:55〜18:00
<10/2(土)〜10/ 8(金)> 13:30〜15:35/17:35〜19:40
<10/9(土)〜10/15(金)>13:45〜15:50
料金:【通常】一般1700円、大高1400円、小中シニア1000円
【JB会員】一般1400円、大高小中シニア1000円
レンブラントやフェルメールなどの傑作を所蔵するアムステルダム国立美術館の改築工事­に密着したドキュメンタリー。2004年に大規模な改
装工事が始まるものの、度重なる­トラブルによって工事が進まない美術館改築をめぐる騒動の全容に迫る。4年以上にわた­る綿密な
取材から、異なる立場のさまざまな意見が絡み合い、こじれていった様子が映し­出される。また、展示構成の議論や絵画の修復、美術館運営の会
議など、通常は見ること­のできない美術館の舞台裏が興味深い。
「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」公式HP
http://ams-museum.com/



処理選択
管理キー
- WebPatio v3.21 (KentWeb) - - Edit: Web Patio II V1.29 (CGIの屋形) -